敏感肌が化粧品を選ぶ際のポイントについて

subpage01

敏感肌の場合、化粧品の選び方を間違えてしまうとピリピリしたり痒みを感じることもあります。正しく選ぶことができれば改善も期待できるのです。
敏感肌で化粧品を選ぶポイントには、保湿、肌に合わない成分は控える、最低限の種類などです。

敏感な肌には保湿が必須です。


敏感な肌用に販売されている化粧水などであっても実際使ってみると肌に痒みを感じることも少なくありません。


そんな時は専用という製品を選ぶのではなく、保湿することを考えて成分を確認すると良いです。

選ぶポイントは角質層の水分を抱えて話さない保湿です。
保湿成分にはいくつかありますが、その中でもセラミドが良い選択で、セラミドは水を蓄える保水力があって肌の角質層に保湿することが期待できます。


またセラミドにも種類があり、表示でセラミドの後ろに2、3、6、10と数字が表示されているタイプを選び、セラミド以外にもヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなども配合されているタイプを選びます。
敏感肌には肌に刺激がある成分は必要ありません。アルコールや香料などは肌に負担となります。

オーガニックコスメも良いイメージがありますが、使ってみると肌に合わないこともあるため、使用する前にはパッチテストをしてから使うようにします。



敏感な肌の場合、化粧品を多く使って保湿することを考えることがありますが、これは避けるべきことです。

多種類の化粧品を使うことで肌に合わない成分が出会うことが多くなります。

敏感肌のスキンケアの選び方情報が満載です。

クレンジング、洗顔、化粧水、美容液、乳液などベーシックなスキンケアで必要最低限の手入れで問題ありません。



敏感肌の場合に選ぶ化粧品によっても肌への負担は変わってきます。

それ以外にも肌に摩擦をかけないようにしたり、紫外線対策なども大切なことです。