乾燥肌を防ぐ敏感肌の化粧品選び

subpage01

敏感肌の人は乾燥していることが多いようです。

知って納得のT-SITEの情報を調べてみましょう。

乾燥している時には肌中の水分量が足りなくなっていて、潤い成分の生成にも影響を及ぼします。

潤い成分の生成量が減少すると肌を守るためのバリア機能が損なわれますので、外的刺激にも敏感に反応する状態です。正常なバリア機能を養うことで敏感肌を強化することができますので、化粧品選びでは乾燥対策を徹底しなければなりません。

乾燥を防ぐための化粧品選びでは、アルコールフリーのものを選びます。アルコールが含まれていると乾燥を悪化させる可能性が高いので、成分をチェックする際には必ず確認しなければなりません。

メイク落としのように洗い流すものであってもアルコールは含まれていない方が安心です。

アルコールは肌を乾燥させるだけでなく刺激にもなります。

敏感肌のクレンジングのおすすめの情報を掲載しています。

また、敏感肌の人は洗顔にも気をつける必要があります。

化粧水や乳液等の化粧品でいくら保湿を行っても、洗顔で必要な皮脂まで奪うことを繰り返していると乾燥を防ぐことができません。
洗顔では余分な汚れや皮脂だけを取り除くことが大切であり、洗浄力は優しいものが安心です。

弱酸性のものなら肌にとても近いので刺激を与えずに洗うことができます。



汚れが酷い時には一時的に弱アルカリ性のものを使っても構いませんが、日常使いにするようなものではありませんので、汚れが酷いと感じる時だけの使用に留めなければなりません。正しい洗顔を行っていくと、肌は本来持つ力を取り戻しやすくなります。